天国への一歩

神・霊・魂、霊の見分けの話題。キリスト教信仰が出発点です。

今のイスラエルは本当に神の国? 旧約聖書アラビア半島説(1)

(アシールの首都ジャラシュで発見された3000年前の遺跡)

11日にエリエナイさんの預言が更新されていましたね。自分達が今終わりの日のどのポイントにいるかを、神様からの直接の言葉で聞くことができるので確信が持てます。神様の言葉は厳しくて、相変わらず切りつけられるような気分になりますが、だらけた精神が引き締まります。

今のイスラエル国の政府と軍のトップには、どう見ても悪魔主義者が跋扈しているように思え、福音派などのクリスチャンが当然のものとして受け入れている、「現在のイスラエルは神の国」という認識について、改めて検証する必要があると思いました。

自分がかつて所属していた集まり(福音派ではない)では、伝道師から「今のイスラエルは聖書のイスラエルとは関係ありません」と教えられ、なるほどと思っていたのです。

そこで「旧約聖書アラビア半島説」の登場です。

1986年にカマール・サリビというレバノンの学者が「聖書はアラビアから来た」(邦題:旧約聖書アラビア起源説)という本を出版して、旧約聖書はアラビア半島の西海岸にあるアシール地方のあたりを中心に展開していたという説を紹介しました。案の定キリスト教界に物議をかもし、議論が湧き起こりました。今の日本でも知る人ぞ知るといった説のようです。

この本の著者が言っているように、もしアシール地方が本当のイスラエル、約束の地でなかったとしても、今のイスラエルにダビデがいた形跡やソロモン神殿の跡が無いということであれば、どこか他の場所に埋もれている可能性は十分にあります。

我々は欧米の情報ばかり偏って受け入れているので、公平を期すためにも、アラブ系の人の見方も知る必要があるのではないでしょうか。改めて聖書の成り立ちを掘り下げて考えさせられる話でもあり、神様が人間の常識を覆していくような、新たな扉が開いていく感じもします。

現代の我々が手にしている聖書は、現実的には人間によって改竄されるなど、色々な手が加えられている訳ですが、ヘブライ語聖書研究者の藤森三千雄さんが言われているように、ヘブライ語の原本は元の形を留めていて、そこに本来の神様の思いが書かれてあるということです。

そもそもヘブライ語というのは子音のみを使って文字を表記するらしいので、後の時代の人が母音を当てはめて訳そうとすると、本来の意味と全然違ってくるのだそうです。なのでちょうど畑の中の宝石のように、我々は今の聖書から散り散りバラバラになった神様の思いを集めているようなもので、それを聖霊の働きによって統合しているといった具合なのかもしれません。

しかも原始「この道」の人々はAD70年にイスラエルから離散し、その後景教徒の迫害などもあってペルシャなどに逃れ、それから東へ東へと移動して行きました。そのことからイエス様の本当の教えを受けた人々はローマがまとめた聖書を使っていなかったことが分かるのですが、これは神様のご計画でもあり、敵の目からやがて来たるべき真実を隠すためであったと思われます。

ずっと新約聖書は内容が薄いと思ってきていて、イエス様の言葉の量も全く足りないと思ってきました。特に使徒行伝以降は面倒で、あまり読む気がしなかったのですが、ある意味それで正解だったのかもしれません。(叔母が神の人と尊敬して止まない老牧師は、四福音書だけ読んでいればよいと言っていた!)

現在行われているイスラエルとパレスチナのハマスの戦いは、ウクライナとロシアの戦争と同じように、彼ら両方を動かしている悪者のトップが仕組んだやらせ戦争だと見ているのですが、やはりそのように言っている人もいます(日本や世界や宇宙の動向 : 11/16-その1 ハマスとイスラエル戦争は世界統一政府と世界統一宗教を達成させるための偽旗戦争です。 (livedoor.blog))今のイスラエルは本当に神の国だと言えるのでしょうか?

これから、カマール・サリビ氏の説を支持する海外の人が書いたエッセイを何回かに分けて紹介していきます。著者からのお願いとして、次の3点を受け入れた上で読み進めて下さいとのことです。

なお、文中で述べられている「聖書」というのは主に「旧約聖書」のことです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ①アラビアが旧約聖書の最古の物語の舞台であること。

 ②イスラエル人はもともとアラビアの現地民であったが、その後、一度にとは限らないが、現在のパレスチナ/イスラエル地域へと移住した。

 ③紀元1世紀初頭にも、イスラエル人の一部はアラビアにいた。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

聖書はアラビアから来た

2020年8月19日
グラハム・ペンバートン

(前文を割愛しました)

サリビは最初の著書(注:「聖書はアラビアから来た」)の序文で、大胆な発言をしています。

「聖書は西アラビアから来たもので、パレスチナから来たものではない」

この結論に達するために、彼は次のように述べました。

「ヘブライ語聖書の地理がいかに完璧に西アラビアのそれと一致し、いかに怪しげにパレスチナのそれと一致していることか」(p47)

「ヘブライ語聖書に出てくる何千もの地名のうち、パレスチナの地名と言語学的に同定されたのはほんの一握りである」

「(聖書に登場する)地名のほとんどが、アラビア語ではなく、圧倒的にカナン語やアラム語であり、太古のものであることを考えれば、驚くべきことである。パレスチナの地名に聖書の名前が使われている場合でさえ、その座標は・・・パレスチナの地名と容易に一致しない」(p23)

「創世記10章にある有名な "諸国民の表 "は、実際には古代西アラビアの部族と共同体のリストである。」

「創世記は実際には、古代西アラビアの伝説の物語に過ぎない」(p158)

「つまり、ヘブライ語聖書に出てくる地理について他の人が書いていることとは、ほぼ全面的に意見が異なるということである」(p1)

問題のアラビア地域は、

「長さ約600キロ、幅約200キロで、現在のアシールとヒジャーズ南部からなる」

(これは紅海の東海岸を3分の2ほど下ったところであり、現在のイエメンのすぐ北に位置します。) 

これが聖書のユダであり、

「古代イスラエル人の歴史は・・・そこで完結し、他のどこにもなかった」(p7)

という可能性を示唆しています。(以下、便宜上、「アラビア」または「アラビア人」と言った場合は、この特定の地域を指すものと理解していただきたい)

サリビの方法を簡単に説明しましょう。彼の議論は主に、

「これまで一貫して誤訳されてきた聖書の地名を言語学的に分析する」(p1)

ことに基づいています。したがって、これはトポニー学(地名の起源、意味、使用、類型の研究)の分野になります。

ヘブライ語には問題があるため、聖書を理解するためには、

「アラビア語やシリア語など、現在も存続している近縁のセム系言語に指針を求める」

ことを好みます。したがって、彼の議論は、

「これらの言語の音韻と形態を比較すること」(p3)

に基づいています。この本の中で、彼は旧約聖書に出てくる地名の例を数多く挙げていますが、西アラビアにある地名であれば、もっと意味が通るのです。

ヘブライ語の問題点は以下の通りです。ヘブライ語は、

「紀元前6世紀か5世紀以降に一般的に使われなくなった」

そのため、

「ヘブライ語を話していた古代の人々や民族が、もともとどのように発音し、発声していたかを知ることは不可能である。また、正書法、文法、構文、慣用句についても何もわからない」

そのため彼は、

「ヘブライ語を事実上、新たに解読すべき未知の言語として扱っている」(p27)

彼によれば、伝統的にヘブライ語と呼ばれてきた言語は、もともとは、

「聖書の時代に南アラビア、西アラビア、シリア(パレスチナを含む)のさまざまな地域で一般的に話されていたセム語の方言」(p8)

であったようで、この古代の言語は今日ではカナン語と呼ばれています。

「半島アラビアとシリアで話されていたもう一つのセム語はアラム語であり、聖書のアラム人にちなんでそう呼ばれた」(p9)

「聖書に出てくる西アラビアでは、カナン語を話す人々とアラム語を話す人々が近接していた」

ので、イスラエル人は、

「自分たちがもともとどちらのグループに属していたのか判断に迷った」

とサリビは考えています。

その証拠として、サリビは申命記26章5節を挙げています。

「あなたは、あなたの神、主の前でこう答えなければならない。「彼らは通常、自分たちをヘブライ人だと考えていたので、『この明白な矛盾は長い間、聖書学者を困惑させてきた』が、彼の説が正しければ、極めて理にかなっている。」と。」

(サリビの説に照らせば"放浪 "という言葉の使用は、非常に重要な意味を持つようです)

パレスチナへの移住の歴史的詳細やその理由は失われてしまいました。しかしサリビは、エジプト帝国の復活とエジプトの新たな介入によって、

「イスラエル王国は、『ユダ』と『イスラエル』の対立王朝の間で分裂した」

「イスラエル人の間で続いた内戦は・・・他の国、特にパレスチナへの最初の大規模な移住を引き起こした可能性がある」(p15)

と推測しています。この考え方は、歴史的イエスについて論じるときに、非常に重要な意味を持ちます。

同じ理由で重要なのは、次のような彼の発言です。

「私たちが知っているヘブライ語聖書は、本質的にユダ王国の産物であり、むしろ対立するイスラエル王国の産物である。両王国の滅亡後、よりよく記憶されたのはユダ王国だった。・・・・ユダという名は、アケメネス朝時代には、イスラエル人の旧領地すべてに割り当てられていた。宗教的共同体としてのユダヤ人が、現在でも知られている名前を得たのは、イスラエルではなくユダからである」(p98)

「ユダヤ教として存続している『ユダ』の正統性と『イスラエル』の異端性とを戦わせる、宗教分裂があったようだ」(p130)

「ハスモン人は、自分たちのユダヤ教的正当性を促進するために、アラビアではなくパレスチナの観点から、聖書の地理を再解釈することを意図的に奨励したのかもしれない」

これは、「歴史を書き換えるのは勝者である」というよく知られた格言の一例でしょう。

従来の理解に照らして衝撃的な、驚くべき主張もあります。

「イスラエルという名前は、以前は西アラビアの王国を指していた」(p15)

「これは「神の高み」を意味する地名で、ヒジャーズ南部とアシールに見られる」(p124)

「ダビデ王はアラビア系ユダの出身である。彼の故郷ベツレヘムは『今日ではウム・ラームとして知られる村』である。」(p97)

エルサレムは聖都ですが、

「西アラビアにもエルサレムがあり、その存在はパレスチナのそれよりも古い」(p110)

12部族が定住したユダは、アラビアにあったといいます。そこでは、

「『イスラエル』は『ユダ』の北に勢力の中心を持っていた。しかし、彼らの領土は明確な境界を持つものではなかった。むしろ、宗教的分裂によって強化された対立する忠誠心に基づいて、同じ領土内で政治的に分裂していた」(p126)

「旧約聖書に記述されているエデンの園の場所を、アラビアで特定した」(p173-5)

「歌の歌」(ソロモンの歌としても知られ、エロティックな詩集であることから意外にも聖書に含まれている)は、

「『ジザン山脈の民間伝承の一例』であり、ヘブライ語聖書に見られる唯一のものではない」(p186)

文体で勝負がつかないとしても、地名は、

「もともとジザンの後背地の山々から来たに違いない」(p182)。

トム・ハーパーはその著書『異教のキリスト』の中で、「聖書-歴史か神話か」という章を設けています。彼は神話主義者のケースを強く主張しており、この章では旧約聖書の物語には考古学的証拠がないという主張について詳しく述べています。

そのエピグラムの一つとして、彼はアルビン・ボイド・クーンの言葉を引用しています。「われわれが知っているような歴史は、聖書全体には微塵もない!」

ハーパーはまず、聖書の歴史性に異論を唱えた学術会議や、重要な新聞や雑誌に掲載された4つの記事に言及します。しかし彼は、2002年3月にハーパーズ誌に掲載された、ダニエル・ラザレによる『偽りの聖書』という記事に注目します。

ハーパーはこの記事を、彼が見た中で "最も辛辣で、最新の記述 "だと評しています。

「ラザールは、最新の証拠(というより、むしろその欠如の大部分)を挙げて、アブラハムや聖書の他の家父長たちの存在から、エジプトからの出エジプト、ダビデ王やソロモン王の栄光、さらには約束の地(カナン)の征服に至るまで、通説のほとんどすべての主要な歴史的梁の下から土台を引き抜いた」

この章では、さらに同じような内容が続きますが、大まかなことは理解できるでしょう。もしパレスチナがその場所であったと仮定するならば、サリビはこれらの結論に同意するでしょう。しかし彼が言うように、これらの考古学者は皆間違った場所を探しているのです!彼は、

「学者たちは旧約聖書の歴史性については頻繁に疑問を呈するが、地理については決して疑問を呈さない」(p23)

と述べています。

そして、彼の結論は宗教書としての聖書に変化をもたらすと言います。なぜなら、

「これまで誰も疑わなかった聖書史の真実性を立証することになる」(p189)

からです。彼は、自分の結論は、

「考古学的調査によって確認されるまでは理論的なもの」(p1)

にとどまると言います。しかし、前述したように、パレスチナにおける考古学的調査は、今のところどこにもつながっていません。したがって、アラビアでの調査の方が実り多いものになる可能性は十分にあります。

サリビの説が議論の的であることは間違いありません。彼は後にこう述べています。

 「私の提案は、旧約聖書の専門家たちから怒りの反応と憤怒の非難を浴びた。しかし、これらの学者の誰一人として、私が間違っていることを証明する直接的な証拠、あるいは状況証拠さえも、今のところ一つも提出していない」(CIJ、p4)

誰かが真実に危険なほど近づくと、しばしばこういうことが起こるのでしょう!

(つづく)

The Bible Came from Arabia. It’s not me that’s saying that, but it… | by Graham Pemberton | MediumよりDeepLeで訳しています。